MENU

着物買取の相場はどれぐらい?高く買い取ってもらうにはどうすれば良い?

着物買取

 

着物は、捨てようと思っても捨てられない物。
新しい物を買ったので古い物を捨てよう!
ぽいっと簡単に捨てられるものではありません。

 

捨てるぐらいなら、売った方が良いと思いませんか?
買取なら、誰かしらいつか買って使ってくれます。

 

売るなら、出来るだけ高く売りたいものですよね?
相場より1円でも高く売りたい!
簡単にパパッと売れる方法を紹介したいと思います。

 

昔は、今と違って買取のお店に自分で持って行き査定をしてもらっていました。

 

状態によって、お店によってまったく値段がつかないと言われ、泣く泣く持ち帰る事もありました。

 

今の人たちは、事前にどれぐらいの相場なのか?
知識を身につけてから買取店に行く人が増えました。
何も知らず行ってしまうと、損をしてしまう可能性があるからです。

 

成人式で着る着物は一度きりですよね?
亡くなった母の着物を着る機会がなく、ずっとしまったまま。
引っ越しする時に、タンスの奥から使用していない着物が出てきた。
若い時は、サイズもぴったりで着れていたけど、体型が変わり着れなくなってしまった。
綺麗な状態で保管してあるけど、処分するのは嫌。

 

こういう人は、買取してもらうのがオススメです。

 

買取店によって違う!

 

着物買取

 

着物を査定してもらう前にある程度、着物の知識を身につけておく事です。
今はネットで勉強できる時代です。

 

深く調べる必要はありません。
着物にも専門用語があるので、それを理解しておく事です。

 

リサイクルショップは、いろいろな物を買い取ってくれますよね?
でも着物の知識を持っていないスタッフなので、良い着物を持って行っても高く買い取ってもらえないでしょう。

 

古着屋も同じです。
そもそも、着物を持って行っても買い取ってもらえない。
査定してもらえない所がほとんどです。

 

出来たとしても、査定額がとても安いのでオススメしません!

 

リサイクル着物店は、着物店というだけあって、専門の方が査定してくれます。

 

ただ、お店の数が少ないので、地元にあるかどうか定かではありません。
自分で持っていかないといけないので、丁寧に扱わないと汚れてしまう事も。

 

買取できないケースもありますし、査定額の理由を説明してもらえないので、微妙ですね。

 

オークションで売る方法もあります。

 

写真の撮り方や、説明文で高く売る事ができます。
買ってくれる側と、納得いくまで話し合いをする事ができます。

 

でも自分の着物がどれぐらいの価値があるか、自分で判断しづらいですよね?
また出品する手間もありますし、梱包して発送手配など、いろいろと面倒な事があります。

 

売れるかもしれないし、売れないかもしれない。
1ヶ月2ヶ月経っても売れない時には売れません!

 

着物専門の買取店は知識をきちんと持った方が査定をしてくれるので安心です。
また店頭まで持ち運ぶ方法と、宅配買取が選べるので忙しい人は宅配買取がオススメ。

 

買取額も、納得のいく値段です。

 

ただ、デメリットもあります。
それは、買取額を言われた時に「なぜか?」聞く事ができないお店もあります。

 

買取のサイトは?
今はたくさんありますよね?
着物の知識を持っている人が査定をしてくれます。
買取方法も多数あって、店頭持込みや宅配だけじゃなく出張買取も行っている。

 

値段も相場相応!
小物などのアクセサリーも一緒に買い取ってくれます。
簡単にパパッと買取が出来るので一番オススメです。

 

ただ、着物専門店の方が高く買い取ってもらえる事もあります。

 

だから買取をする時は、着物専門店と買取サイトの二つを使って査定してもらいましょう。

着物を出来るだけ高く買い取ってもらうには?

着物買取

 

着物を売る時に、状態が良いものじゃないと高く買い取ってもらう事はできません!
それは誰もが理解しているでしょう。
古すぎると、当然値段は下がってしまいますよね?

 

素人が見ると、「これすごく古臭いし絶対に売れないだろう」と思って処分してしまいがち。
でもプロの方が見ると、その古臭さが高い価値があると判断する場合もあります。

 

なので古臭いからといって、捨てるのはSTOP!
ここはプロの着物査定者に任せましょう。

 

高く売るポイント1つ目は保証書や証紙を一緒に持っていく事。

 

保証書や証紙ってついつい捨ててしまいがちですよね?
でも着物を売る時はすごく大切な物です。

 

これがあるだけで値段がアップします。

 

続いて2つ目は、シワがつかないように綺麗に畳んでおく。

 

着物というのは、適当に畳んではなりません!
我流ではなく、きちんとしたたたみ方で保管しておきます。

 

我流でやってしまうと、変な所にシワができてしまいます。

 

続いて3つ目は、紫外線や汚れには気をつけよう!

 

当然、汚れやシミはマイナス点になってしまうので値段も下がってしまいます。
シミなどが出来ないよう、取り出す時は床にゴミがないか汚れがないかチェックしてからにしましょう。

 

また1年に1回は収納ボックスから取り出して風通し作業を行ってください。

 

風通しなんて一度もやった事がないからわからない!
そんな人のために簡単に説明しておきますね。

 

晴れている日に、収納ボックスから着物をdしてきて、シワを正しましょう。

 

着物ハンガーにかけて、風通しが良い部屋で着物を裏返し状態で干す。
簡単ですよね?

 

天気が良ければ、午前中から太陽さんさんの日もあると思います。

 

こういう場合は午前中だけ干しておけば十分です。
(直射日光に当てないでください)

 

続いて4つ目は、サイズです。

 

着物が大きければ大きい分だけ高く売れます。
小さいと手直しできませんから、安くなってしまいます。

 

続いて5つ目は、展示会の購入着物は高く売れる可能性があります。

 

持っているものが「○年に展示会であったもの」
それが証明できれば、高くなるかもしれません。

 

続いて6つ目は、セットで売る。

 

着物だけじゃなく、帯やアクセサリーをすべてセットの状態で売ると、上がります。

 

続いて7つ目は、季節に合わせて着物を売る。
着物もその時その時によって値段が変わります。

 

着物も春・夏・秋・冬によって柄が流行る柄や色が違います。

 

自分が持っている着物は春物。
それを秋に売っても、値段は相場ぐらい。

 

でも冬に売ると相場以上の値段で買い取ってもらえるかもしれません。

 

持っている着物の一つ前の季節に売るのがコツです。

 

春物なら冬
秋物なら夏という感じです。

このページの先頭へ