MENU

着物の保管方法について・・・

いつも着物を使用している人は、扱い方も理解していますし出し入れも頻繁に行っている事でしょう。

 

中には、1年に1回しか使用しない方もいらっしゃいますよね?
着物というのは、扱い方が難しいため保管する時も厳重に行わないとなりません。

 

適当にしまっておくと、シワが増えてしまったりシミや虫食いがあったり。
たたみ方一つで綺麗に保つ事が出来なくなります。

 

一番大切な事はたたみ方です。
長方形になるよう、折り目も考えて下さい。

 

刺繍部分や箔の部分は和紙などを当てておきましょう。
それをしないと、色が変色してしまいます。

 

たたみ方はYOUTUBEなどでも載せている方が多いので、勉強をしておきましょう。
そして綺麗にたたむ事ができたら、複数着物がある場合は1枚ずつ和服専用のたとう紙というもので収納します。

 

たとう紙は通気性が良くて、着物に起こる湿気を取り除いてくれる効果もあります。

 

包んだら、どれがどの着物かわからなくなってしまう!
そうならないために、たとう紙の上に着物の写真を貼っておきましょう。
そうすると、着物を使用したい時に自分が着たい着物を簡単に見つける事ができます。

 

包んである状態のものを取って、自分が着たい着物じゃなかったら、また包み直さないといけないので手間になってしまいます。

 

包み終えたら、いつものようにタンスの中へしまうと思いますが、ここでも注意があります。

 

防湿効果や殺虫効果がある桐のタンスを使いましょう。
これが一番おすすめです。

 

もし桐のタンスが自宅にないのであれば、買う必要はありません!
普段使っているタンスの底に白木綿を敷いて交互に入れていきます。

 

何枚も重ねるのは良くないので、最低でも3枚ぐらいにしておきましょうね。

 

それ以上積み重ねてしまうとシワが出来てしまいます。

 

また着物と帯をセットで収納するのは良くありません!
別に収納スペースを作っておく必要があります。

 

もし一緒に収納したいのであれば、着物の上に帯を乗せる感じで。
ただベルトやゴム製のものは、金箔部分の色落ちを起こしてしまう可能性がありますので、これに関しては違う所に収納した方が良いです。

 

殺虫剤もたくさん使用すれば良いというわけではありません!
種類は1つに絞って置いておきましょう。
いろいろと併用して置いてしまうと、シミなど発生する恐れがあります。

 

草履はどうすれば良いの?

 

着物と言えば、草履もセットですよね?
草履によっては、歩きやすい物も出て着ていますが自分に合った物を使わないと歩きにくかったり、足を痛めてしまいますので一番重要です。

 

着物と一緒で保管方法は厳重です。
傷んでしまうと、次回使用できなくなってしまいますのできちんと保管方法を知っておきましょう。

 

草履は下駄箱にポンと入れておくのではあく、通気性がある収納ケースに保管してください。

 

いろいろな靴が入っている下駄箱へ一緒に入れておくと湿気がすごいので、すぐに傷んでしまいます。
また保管する時は、乾燥剤を1つ入れておきましょう!

 

「だったら新聞紙に丸めちゃえば大丈夫なんじゃないの?」と思った方もいるでしょう。

 

これはやってしまいがちなミス。
新聞の色が移ってしまう可能性があります。
1年に1回しか使用しない場合は特に危険です。

 

殺虫剤もダメです。
使用する機会がないから、虫に食われないよう殺虫剤を・・・と思った方もいるでしょうが絶対にしてはなりません!

 

草履を収納する時に、鼻緒が潰れないようにしましょう!
ネット通販で鼻緒キーパーなどがありますので、購入して使った方が良いです。
綺麗なまま保管する事ができます。

 

1年に1回しか使用しない場合でも、4ヶ月に1回は収納ケースから出して、陰干しをしてあげましょうね。
ずっと何もせず放置する事は良くありません。

このページの先頭へ