MENU

いらなくなった着物を高く査定してもらおう!

着なくなってしまった着物を、あなたはどうしていますか?
今はもう、収納スペースの奥底に沈んでいる・・・
もらった着物も、最近はめっきり着なくなってしまって放置状態。
捨てたいけど、もらい物に関しては、捨てる事に抵抗がある。

 

古くなった着物は保管しておくよりも、買取してもらった方が良いです。
値段によっては、新しい着物を購入する事ができます。

 

着物の買取価格は、状態や産地、生地によって変わります。

 

ですから、まずは必要なくなった着物の状態を自分の目で確かめておきましょう。
穴が空いている所はないか?
汚れは一つもついていないか?

 

そのあとで、産地を見てみましょう。
産地によって相場も変わります。

 

最後は生地ですね。
良い着物でウールはまずないと思いますが、正絹だと良いでしょう。

 

保存状態を見ておこう!

 

保存状態を見る時に、部屋でチェックしますよね?
着物を床に広げると思います。

 

この時、ほこりや汚れがフローリングまたは畳にないか見ておきましょう。

 

保存している時は、綺麗だったのにしまった時に汚れてしまうのが一番ショックです。

 

とくにお子さんがいる家庭は気をつけましょう。
お子さんがジューズをこぼしたり、食べ物をこぼしてあり、そのまま広げたら最悪です。

 

広げた時に、汚れを見て行くと思いますが目が悪い人はめがねや虫眼鏡を使ってください。

 

シミも同じです。
意外とないようであるのがシミ。
それを見逃してしまう方もいますからね。
査定の時は隅々までチェックしますので、バレてしまいますよ!

 

着物は、着れば着るほど傷んでしまうものですから1回きりのものなどは保存状態も良いでしょう。
ただ着方が悪いと、値段も下がります。

 

着物の着方がうまい人と下手な人が同じ着物を売る時に変わる事がよくあります。

 

筆者も姉とお揃いの着物を購入した事があるのですが、買取する時に大きく違いました。

 

サイズで値段は変わり、種類でも大幅に変わってしまう!

 

着物の種類で値段が違うのはなぜか知っていますか?
紬や留袖にも、ブランド物から一般物、有名作家の物など種類があります。

 

一般の物よりも価値があるのは、ブランド物。
ブランドよりも価値があるのは有名作家の物。

 

生地も違います。
ウールやポリエステルのものは値段がつかずに、査定出来ない事もあります。

 

もんめや正絹であれば、生地の中では良い方なので高くつきます。

 

ウール生地の着物をこの間、買取査定のお店へ持って行ったんですけど、値段がつかないと言われて持ち帰りました。

 

その点、正絹は12000円になりました。

 

携帯もサイズがありますよね?
今はスマートフォンですね!
アイフォンを例にしておきましょう!

 

アイフォン7とアイフォン7プラスがあります。
サイズが違うのは知っていますよね?

 

買取価格も大きい方が高くつけてくれます。
10000円程度の差があるでしょう。

 

着物も同じで小さいサイズよりも大きいサイズの方が高いです。

 

ただ違うのは、着物は大きいと仕立てし直す事ができます。

 

通常の服では、なかなか出来ない事ですが着物であれば仕立ては自由自在!
なので大きい方が高く売れるのです。

 

有名作家のものは大幅にUP

 

着物は昔ながらの和装です。
ブランド物もあれば有名作家さんのものもありますよね?
こだわっている方は、有名作家さんの物を持っているでしょう。

 

産地でも変わると先ほどお伝えしましたが、職人の手で一つ一つ手間をかけて作られている物はなんでも高いです。

 

芸能人のウェディングドレスと無名のウェディングドレスでは、価値が違いますよね?
それと一緒です。

 

高額査定を求めるなら、有名作家やブランドの着物。
正絹で、サイズは大きめ。

 

すべて当てはまっていれば、高額間違いありません。
また証紙や箱などが揃っていると、さらにUPしますので、準備をしておきましょう。

このページの先頭へ