MENU

着物の素材や買取値段の実態!

着物買取を行っているお店は、いくらでもあります。
その業者たちがつけている条件があるのですが、ご存知でしょうか?

 

どのお店へ行っても、その条件は一緒でしょう。
お店のほとんどが、正絹素材しか買取を行っていません。

 

正絹であれば、確実に買い取ってもらえるわけではないんです。
正絹でも綺麗な状態である事が条件です。

 

傷やシミが大量についてしまっている物は買取不可能と言われるケースがあります。

 

正絹を持っているけど、他にもウール素材などの着物を一緒に買い取って欲しい時ってありますよね?

 

基本的に、ポリエステル素材やウール素材の着物は買取出来ません。

 

しかし場合によってはお店が許可してくれる事もあるんですよ。
例えば正絹の着物を1枚買取すれば、ウールなども一緒に買取価格をつけてくれるなど。

 

ただし値段は、期待しない方が良いです。
ウール素材などは、基本的に買取不可能なので100円でも買取できれば、それは良い事ですよね?

 

素材や着物をどんな時に着用するか?
稽古場用なのか。
お祝い時の着物なのか。

 

素材によって大きく価値が変わってきます。
もし、正絹を持っていて使用する事がないのであれば、買取はおすすめです。

 

とくに、有名作家の物ですと高額で買取をしてくれます。
訪問着や振袖など、種類がたくさんありますよね?
正絹でも高いものから安いものまで幅広く存在しています。

 

今流行している柄や色が着物に入って入れば、高額で買い取ってもらえるでしょう。
コーディネートしやすい着物であれば、さらに値段はアップします。

 

素人だと、いくらで売れるのかまったく理解できません。
着物買取専門店であれば、プロの査定で値段が決まるので思っていた以上の買取価格になる可能性もあります。

 

正絹では、もんめという単位で価値が変わります。

 

大きければ大きい程、値段は上がっていきます。
ちょうど、大掃除シーズンが近づいてきましたね?

 

タンスの奥に貴重な着物が保管されているかもしれません。
もし見つけた場合は、一度着物買取専門店へ持っていくと良いでしょう。

 

着物の買取では3パターンから選ぶ事ができます。
店頭へ持ち込む方法は、昔ながらの方法です。
家の近くにお店があれば、問題ないでしょう。

 

家の近くに買取専門店がなければ、ネットから宅配買取の依頼をしましょう!

 

または出張買取がありますので、どちらがおすすめです。
出張であれば、お家まで来てくれて査定も目の前で見る事ができます。

 

どうしてその値段になるのか?
汚れがあれば、その場で査定者が伝えてくれます。
納得のいった取引ができるのは「出張買取」ですね。

 

今は、全国対応しているお店が増えて来ていますので、まずはお気軽に問い合わせをしてみましょう!

このページの先頭へ