MENU

反物の買取は着物と同じ!

着物は保管がとても、難しいと言われています。
「衣類なんて、収納ボックスに入れておけば良いんじゃないの?」
普通の衣類であれば、それで全く問題ありません。

 

しかし着物というのは非常にデリケートです。
いつの間にか虫に食われていて穴がぽっかり開いてしまっている。
何もつけていないはずなのに、シミができている。
綺麗に畳んであったつもりなのに、変な所にシワができてしまっている。

 

これらが、多くなってしまうと買取する際に値段が下がってしまいます。
着物はなかなか着ませんよね?

 

1年に2回着る程度の人もいるでしょう。
着物買取で大切な事は、使わないと思ったらすぐ決断して買取査定に出す事です。

 

反物や着物は全て同じです。
品質が良くないと売り物にもなりません。
新品状態のものが値段で取引でいます。

 

保管に気を使う事もなくなりますし、買取してもらえたらお金が自分の手元に残ります。

 

持込みで査定する場合は危険があります。
運転の仕方が悪いと、箱から出てしわくちゃになってしまう心配も。

 

そのために今は出張査定や宅配査定があるのです。

 

査定時期によって、反物や着物というのは値段が変わります。
流行柄や流行色の時に買取すれば2倍の値段がつく事もあるようです。

 

生地も大切で、正絹は納得のできる値段で買い取ってもらえるので期待を膨らませても良いですよ。

 

値段が安く買いやすいという事で化学繊維のものやウールを購入している人もいます。
ただこれらは値段がつけられないという時もあります。

 

値段がついたとしても500円ぐらい。
またはそれ以下か・・・。

 

査定を出す前に生地チェックと品質チェックだけは忘れずに行っておきましょう。

 

シミや傷がある時は、それが消えるかどうかも判断してください。
消せるようなら消した方が良いに決まっていますからね。

 

□反物は買取額が高い?

 

着物を買取する時に、仕立てが終わっている着物は買取可能です。

 

じゃあ反物は?
もちろん問題ありません。
どちらでも買取査定をしてもらえます。

 

どちらが高くつくのか?
それは、反物です。

 

仕立て後の着物だと、再度やり直す事ができない物もありますよね?
サイズが小さすぎるものは仕立て直しできません。
買取できても安くなってしまいます。

 

でも反物の場合は幅や長さ次第で価格が変わってきます。

 

採寸が大きいと、より値段は上がっていきますよ。
反物も大きい・小さいがありますよね?
小さい物だと値段も下がってしまいます。

 

小さすぎて、買取不可能と言われる事もありますのでチェックしておきましょう。

 

□仕立て完了の着物も反物同様大きいサイズの方が高くつく!

 

仕立て後の着物も反物と一緒で、大きいサイズのものは仕立て直しが可能です。
だから買取額も上がります。

 

日本人の標準体型は165センチ程度。
裄丈は67センチ程度になりますので、これより大きいサイズのものであれば問題なく高値で買い取ってもらえます。

 

査定をする前に、生地や品質状態。
サイズを忘れずに見ておきましょう。

このページの先頭へ